オバマ大統領・I&I






以前ハワイでだったんですけど、ホテルの一角が異様な雰囲気で規制テープが張られて人、人、人状態。警察犬とかもいて。なんかホテルの数部屋のベランダにかまえてる人いるし。

近くにいた方になにかあったのか聞くと、「オバマ大統領がきてるんだよ!」と。。。

あ~。

は!!!!!

なんと!!!!!

そんな中で、待つこと30〜40分。

人が増えるばかりで、オバマ大統領の姿は確認できず。

さらに10分ほど経った時、突然SWATの黒いデカイ車が約10台。一列になって走り出した。

湧きあがる歓声。

カメラをかまえる僕。

SWATの車が結構なスピードで通り過ぎる。

最後の1台が通り過ぎると人が引き始めた。

え?

オバマ大統領は?

これもまた近くの人に聞くと興奮気味に「こんな繁華街で顔を出すなんてありえないよ!」と。

結局どの車に乗っていたのかも判らず、もちろん顔を見ることもできず。

これが僕の勝手なオバマ大統領との思い出です。

その旅での上位に入る思い出です。

顔すらも見ることはできませんでしたが。

そしてついに、アメリカ合衆国大統領が替りますね。

僕はラスタ用語でよく出てくる「I&I」という言葉のように生きたいと常に思っています。

自分はもちろん「I」、相手は「YOU」。

学校の英語の授業ではそう習うのが当たり前で、日常会話でもそれが当たり前。

でも世界中全員がYOUである前に「I」ってこと。自分が中心の人生なわけだし。

だから世界中は「I」の集まり。

みんな別々の「I」だから考え方も違うし、話し方も違う。

「I」が集まって「WE」になるわけで、「I」と「YOU」が集まって「WE」になるわけじゃないってこと。

その集まりの中ではみんなが「I」だから誰が1番で誰が最下位でとかって話じゃなくてみんな同等ってこと。

だからこの「I」だらけの世界で、自分も相手と同じ。相手のことも自分のことのように「I&I」と考えらる人間でありたいなと思います。

そんなこんなでこれから世界がどう変わっていくのか、日本がどう変わっていくのかは誰にもわかりませんが、世界中に向けて想いや言葉を発信できる数限られた「I」の方たちには「YOU」に発信するのではなく「I」に対して発信する気持ちでいてもらいたいなと思います。

文才がないので上手く書けませんが、「I&I」。

この精神が広がることを願ってます。